田舎の生活に必要な資金


伊豆別荘

田舎暮らし

ログハウス

古民家

別荘

田舎暮らし

田舎暮らし

マンション管理組合とは

効果的な賃貸物件の空室対策

田舎暮らしの不動産物件TOP >> 田舎の生活に必要な生活費・資金

田舎の生活に必要な生活費・資金

田舎の生活に必要な資金として、まず土地の購入資金があります。

土地購入の際に注意しなければならないのが、計画的な都市づくりを進めていく為の基本的なルールである、「都市計画法」という法律です。

都市計画区域には未線引きのものと、「市街化区域」と「市街化調整区域」に線引きされたものがあり、市街化調整区域の場合は注意が必要です。

市街化調整区域というのは、 当面の間は市街化するのを見合わせようとしている地域なので、家を建てたりする 行為は原則としてできないことになっています。

こういった地域は開発行為が規制されているため土地相場は安く、おまけに豊かな自然環境が残っているものなので、それにつられてうっかり市街化調整区域内の土地を買ってしまうとせっかくの場所に家が建てられないということになります。

そして、田舎生活の資金計画を立てる上で、忘れてはいけないのが町役場や村役場からの補助金や低金利の融資です。

UIターン者への移住助成金や、住宅取得に対する融資など、いろいろな形で提供されていることがあり、特に、住民の高齢化や過疎化が進む町や村では、多くの自治体が取り入れているので、田舎生活をしたい町や村に、このような支援制度があるかどうか、しっかり情報集めをして、有利に利用するといいと思います。

生活費も、都会と比べると、全体的には田舎のほうが安いでしょうが、すべてのものが安くなるわけではありません。

賃貸の場合は家賃が安くなるし、所有の場合も固定資産税は安くなり、米や野菜などは近所の農家から安く買えたり、分けてもらえたりすることが多く、食費も安くなるようです。

娯楽施設も少ないので、無駄遣いも減るようですが、反対に、大型量販店などが少ないので、電気製品などは都会よりも高い場合が多く、田舎生活に必需品である車に関しては、ガソリン代も高くなるので、維持費も上がるといえ、寒冷地では暖房費が確実に高くなります。

生活費に関して、いろんなことを想定して、情報収集し、安心して田舎生活が送れるようになるといいですね。



田舎暮らしの不動産物件の取扱業者を探す

都道府県