定年後の田舎暮らし


伊豆別荘

田舎暮らし

ログハウス

古民家

別荘

田舎暮らし

田舎暮らし

オール電化住宅のメリット・デメリット

不動産管理会社とは

田舎暮らしTOP >> 田舎で暮らす 老後

定年後の田舎暮らし

都会の雑踏やせわしなさから逃れたいと考え、定年後はのんびり田舎暮らしを送りたいと考える方も多いと思います。

大自然の中で畑仕事に精を出したり、自分の趣味に興じたりと色んな思いが広がります。

自分の理想の田舎暮らしを実現するには、まず現実をしっかり把握することが大事です。

定年後の生活基盤を都会から田舎へとシフトする前に、確認と覚悟しておきたいことは、まず、夫婦間や家族の賛同が得られるかどうかということです。

実際に田舎で暮らすとなると、自分はそこでやりたいことがあれば多少の不便も我慢できると思いますが、その思いにつきあう方は、年老いてから住み慣れた場所を離れる不安や不便さをとても感じることになると思います。

自分の理想ばかりをふくらませる前に、夫婦間や家族の気持ちを確認し、田舎で暮らすことに、魅力を感じてもらえるような情報・環境を、いっぱい揃えることが大事になります。

また、田舎で暮らすのは、基本的に車生活であることを覚えておく必要があります。

定年後だし、家の周りを散歩できれば十分なので、車は必要ないという考えではなく、病院や買い物などにやはり車が必要であると考えておいた方がいいと思います。

どんな田舎に住むかにもよりますが、都会のように歩けば何軒も病院やお店があるわけではないことを理解しておかなければなりません。

そして、都会に比べて、近所つきあいが濃いということも考えておかなければなりません。

隣保組に入って区費を払い、近所の冠婚葬祭にも出席するなど、田舎にはまだそういう風習のある所がありますので、それを煩わしいと感じるか、交流があって楽しい、ありがたいと感じるかで、その後の生活が変わってきます。

色々調べても、住んでみないとわからないことも多いと思いますが、自分の理想である田舎で暮らす老後が、素敵な毎日になる為にも、都会とは違うということをしっかり認識した上で、住む場所などを決めていかれたら良いと思います。



田舎暮らしの不動産物件の取扱業者を探す

都道府県